« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

夏の疲れ?

パソコンのキーボードに異変 ! 

FとHが出ません。

数字の2も出ません。

そして、! も?も出ません。

泣く泣く、ATOKのクリックパレットで書いていますが、

修理が必要のようです。

しばらく お休み・・・します。

| | コメント (7)

2008年8月24日 (日)

「王様は裸だと言った子供はその後どうなったか」

夏休みも余すところあと少しになりました。

毎度のことですが、この時期になるといつも あせる誰かさんがいます。

文章をかくことが好きなわたしの子か と思うくらい国語が苦手なプリ子は、まだ本も読んでいない。

課題の本というのに、どうしても手がのびないのは、わかる。

感想をかかなあかんと思って読む本ほどおもしろくないから。

でもねぇ。

何冊かあるらしい課題の本から、プリ子が選んだのは、「視点をずらす思考術」という本だった。

帯には、「空気を読むのをやめてみないか! メディアの常識に従わずに世界を見つめる試み」 とある。

なるほど、題はおもしろそう。

だけど、ぱらぱらとめくってみると、難しい言葉がいっぱい出てくるし、

過去にあった興味深いいろんな事件も出てくる。

でも、その事件の事をよく知っていなければ、おはなしにならない。

そんな中、この著者 「森 達也」という人の著作に、わたしが好きそうな題名の本をめっけ。

「王様は裸だと言った子供はその後どうなったか」 

本当にそれは、わたしの知りたいところだった。

その中で、彼は大臣も、群衆も、嘘をつき通す覚悟をしていたのかというと、そうではない と言っている。

嘘の自覚はない。誰もが本気だった。見えるような気がしていた。

そして、騙す相手としていちばん容易なのは、他人ではなく自分なのだ。と。

群衆の中の子供はなぜ、自分を騙すことができなかったのか?

それは、場の雰囲気を感じ取ることが、生来的に苦手な子供だったのだ。と 彼はいう。

この本の中で、彼は、この子供のその後を考察し、2パターンを書いている。

・・・?

そして、他に、ミダス王や、赤ずきんちゃんや、うりこ姫、美女と野獣、ふるやのもり、・・・・・

みんながよく知っている昔話を、大いに視点をずらして考察しているのが、

なかなかおもしろかったし、ずらしっぷりが、なかなか大胆。

続きを読む "「王様は裸だと言った子供はその後どうなったか」"

| | コメント (4)

2008年8月18日 (月)

「夢をかなえるゾウ」

ベストセラーといわれる本は、なるほど 侮れない ということを、2年越しで図書館から回ってきた「東京タワー」を読んで、実感したので、

友人がよかったよっと言ってくれた本を、買って読むことにしました。

そういえば、誰かが昔言ってたことを、今思い出しました。

「家は借りて住め、本は買って読め。」

読み応えという点では、涙が出るというわけでもないけど、読んでよかった~!と思いました。

一日で読めるのが、ありがたい。

そして、明日から、即実践したいことがいっぱい~!!!

| | コメント (4)

2008年8月17日 (日)

お盆休みのフィニッシュ

お盆休みのフィニッシュは、友人が連れて行ってくれた岩盤浴とタイ式マッサージで過ごすことになりました。

わたしは、薬草オイルマッサージというものを、してもらうことにしました。

本場のタイで習ってきたという30才の女性ひとりでやっているお店で、

とても感じがよくて、お店の中にいるだけでも 癒される感じです。

隅の方に飾られた薄いピンクの蓮の花2輪が、薄暗い 色彩の少ない部屋の雰囲気をひきたてています。

いろいろ、自分の症状を書いて、自分に合ったものを処方してもらいます。

はじめにフットバスです。

香りは、ジェニパー。

木の香りは、むくみをとりやすいそうで、サイプレスやヒノキなどもいいそうです。

それから、身体に熱いオイルをすり込みながら、リンパなどのマッサージ。

とても、上手でした。

自覚症状はないけど、肩胛骨の上あたりが、こってるんじゃないかなと思っていたら、やっぱり、マッサージしてもらう間、こりこりとひっかかっていました。

それと、足の付け根と足首あたりのリンパがつまっていたようです。

発汗作用のあるオイルで、疲れと共に汗となって出やすくなるのだそうです。

うとうとしていたら、終わったようです。

目をあけたら、女性の前髪が汗で濡れていました。

なかなかの肉体労働なのでしょうね。

・・・

いつもに加えて、今日の眠りの深さは、また格別なものとなる事でしょう。

続きを読む "お盆休みのフィニッシュ"

| | コメント (2)

2008年8月 9日 (土)

ベストセラーといわれる本

わたしは、あまりベストセラーにこだわらない。

だから、買ってまで読もうかという気にならない。

それで、まあ図書館で予約をしておこうかなぁ くらいの調子で、予約していた本なんだけど、やっと順番が回ってきたようだ。

図書館も、もう何ヶ月も行っていないので、月曜日休館に、いつのまにか、火曜日まで加わっていた事すら、知らなかった。

それはともかく、2006年 2年前に、わたしが予約していた本が、何だったのかさえ忘れていたほど。

そうやって、借りてきたのは、この本でした。

リリー・フランキーの「東京タワー」

息子のいる人には、いいらしいよ と、わたしは、何人もの 息子のいる人に、自分が読んでもいないのに、宣伝していた記憶がある。

その本を、2年遅れでやっと読んだ。

この本は、「よかった」 という人と、「あんまりだった」 という人と二手に分かれる。

で、わたしは、前者の方だった。

リリー・フランキーの「東京タワー」は、お母さんの事が大好きな、マザコン息子の話かと思っていたけど、

息子のいないわたしには、もっと違った話として読み応えがありました。

その本の中で時々ちらっとでてくる「青い鳥」。

チルチルミチルは、遠くまで森の中を探し歩いたけど、その鳥は、家の鳥かごにいたんだ という話。

「日々の生活の中に冒険があるのです。」という、ターシャさんの言葉にも重なるものがあります。

最後は、やっぱり泣けてきて、次の日は、ご多分に漏れず、しっかりと目が腫れていました。

続きを読む "ベストセラーといわれる本"

| | コメント (7)

2008年8月 5日 (火)

夏バージョン

滋賀県のお菓子屋さん、クラブハリエ (たねや)のバームクーヘンは、味がしっとりとしていて、全国区でも えらい人気ですが。

こんな 夏バージョンの函は、初めて見ました。

Photo_7 金魚の柄が、涼しげ~

中は、いつもと一緒のバームクーヘンですけどね。

| | コメント (2)

暑さを乗り切る方法

やっぱり暑さを乗り切る方法は、

氷を食べること!

そして、わたしの今一番のお気に入りは、

このお店の氷です。

2008_08210041

この夏の一押し。

「伽藍堂」さん。

2008_08210008  

ここの氷は、口に入ったとたんにふわっと溶けて、

こめかみがつーんとすることなく、

ちょうど、食べ終わった頃に、

いい具合に、身体が冷えてきます。

そして、なんといっても、はじめにでてくる八女茶(ほうじ茶?)が、とても芳ばしくて、「お茶っておいしいなぁ」 と心から実感できます。

2008_08210003_2

なじみのスーパーの裏の、

たった一筋入った露地に、

こんなお店があったなんて 驚きです。

この夏一番の発見だわ!

| | コメント (2)

夏のおみやげ

九州のおみやげに、とうもろこしをもらった。

こんな重いの、遠いとこから、わざわざ。。。

って。。。

ただごとではなかった、この甘さ。

おいしい~

Photo_2

| | コメント (2)

2008年8月 3日 (日)

暑いですね~

Dscn2630

| | コメント (6)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »