« アンダリアのすてきなお花のバック | トップページ | 今さらながらはまるとは »

2012年6月22日 (金)

狂言を見る

狂言に誘われて、行ってきました。

東山 観世会館。

せっかくなので、事前にちょっとだけ知識をいれていこうかと。

こんな本を読んでみました。

中高生のための狂言入門

これは、わかりやすい。

初心者には、是非おススメの一冊です。

で、狂言ですが、

すごく よかったです。

言葉がすーっと耳に入って、言い回しやイントネーションがなんとなく耳に残り、

くせになりそう。

おなかから出てくる声の響きは、妙に力を与えてもらえる感じだし、

もどかしくて微妙な可笑しさが、なんともいえず、絶妙。

どう表現したらよいのかわかりませんが、

歩き方といい、声の通りといい、話の筋といい、会話のやりとりといい、

さすがに、伝統芸能として、確立されているのも、最もだと思いました。

機会あれば、是非 行ってみてください。

ちなみに、

市民狂言会のお題は

蚊相撲

箕被(みかずき)

文蔵

六地蔵

|

« アンダリアのすてきなお花のバック | トップページ | 今さらながらはまるとは »

つぶやき」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

」カテゴリの記事