« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

今年の漢字

今年もあと余すところ少しとなりました。

私にとって、家族が一人減ったのか、増えたのか?!

複雑な心境でしたが、

家を離れたバディ子から、

いろんな刺激をもらいました。

家では何もしなかったバディ子の、

食に対するあくなきチャレンジ。

おせちも、わたしよりがんばって作っているみたいで、

金柑の甘露煮なんぞのおすそ分けももらったり。

そのバディ子が、今年を表す漢字を決めていました。

それで、わたしも考えてみました。

断捨離もしようとがんばっても、

結局、捨てられなかったり、

でも、捨てられないものは、使う努力をしようと、

工夫したり、

一つ一つ丁寧に振り返ってみたりもしました。

というわけで、

今年を表す漢字は、

「顧」

に決定。

続きを読む "今年の漢字"

|

2013年12月30日 (月)

ゴボウの肉巻き

栗原はるみレシピ






ゴボウは12センチに切って水にはなし、

煮立った水で竹串が通る位、硬めに茹でる。

牛肉で巻く。

出し汁 1カップ

醤油 大匙3

砂糖 大匙 2.5

酒 大匙1

みりん 大匙1

調味料を合わせて火にかけ、煮立ったら、

ゴボウの肉巻きを入れて、

途中、上下を返し、

ツヤが出るまで弱めの中火で15〜20分。

続きを読む "ゴボウの肉巻き"

|

簡単スペアリブ

はなまるレシピの簡単スペアリブ

実は黒豚肩ロースブロックで作りました




レシピは、はなまるレシピの12月24日

小倉優子さんが紹介してました。


スペアリブ 1 kg

アプリコットジャム 200g

醤油 大匙 4

酒 大匙 4

ニンニク2片

豆板醤 小匙1

オリーブオイルでスペアリブをフライパンで焼いて、

あとは、調味料を鍋に入れて、

弱火でぐつぐつ30から40分煮る。

続きを読む "簡単スペアリブ"

|

三輪車の塗装

コーギーちゃんの

錆びついた三輪車を

ゴールドに塗装しました。



続きを読む "三輪車の塗装"

|

2013年12月29日 (日)

お花のブローチ

年末の掃除、

ちっとも進まず、

こまごまとしたものを整理してたら、

作ってみたくなりまして。

モヘアのお花と、

子供のコートの端切れで、

チクチクチク。



続きを読む "お花のブローチ"

|

2013年12月28日 (土)

おせち ごまめ

ときこばあばのレシピで

今日は、ごまめ作り。




ごまめ 目ばかり

ごまめはフライパンで炒る 10分 弱火
さます

お水 小匙1
砂糖 大匙2
醤油 大匙1
鍋で煮て泡立ったらごまめを入れ、
酒 大匙1入れて絡める。

フライパンで炒る時、ぽきっというまで炒るのがポイント☆

続きを読む "おせち ごまめ"

|

2013年12月25日 (水)

フィギュアファン

23日も24日も、

テレビにかじりついていました。

そう、フィギュアスケートです。

高橋大輔選手の痛々しい血まみれの手。

織田信成選手の涙。

村上佳菜子選手の勢いと、なりふり構わぬクシャクシャのガッツポーズ。

鈴木明子選手の完璧な演技。

安藤美姫選手のこと。

そして、浅田真央選手への期待。

いろんな人生模様。

ソチが楽しみです。




続きを読む "フィギュアファン"

|

2013年12月24日 (火)

merry X'mas!!



続きを読む "merry X'mas!!"

|

2013年12月 8日 (日)

オーダーのシュシュ

三四年ほど前に編んだニットのシュシュ。

まだ気に入って使っているとの便りを聞きました。

ゴムが緩んできたそうです。

修繕するには及びません。

新作を考えることにしました。

といっても、家に眠っている糸を組み合わせて。

喜んでくれるかな。




続きを読む "オーダーのシュシュ"

|

2013年12月 7日 (土)

クリスマスツリー

何年ぶりでしょうか!

今年は、早々とクリスマスツリーも出しました。

灯りが嬉しい。



続きを読む "クリスマスツリー"

|

2013年12月 6日 (金)

卓上クリスマスツリー

今日は、卓上のクリスマスツリーに飾り付け。

やはり、家に眠っていたリボンで。

ベルサイユみたい?

『かの名はポンパドール』

あ、これは、今読んでいる本です。



続きを読む "卓上クリスマスツリー"

|

2013年12月 5日 (木)

クリスマス準備

捨てられなかったリボン。

賞味期限を大きく過ぎたシナモンスティック。

職場のキャンパスでひろった松かさ。

家の鉢で伸び過ぎて切ったユーカリの枝。

こんな風にしてみました。



でも、なんだか寂しいね。



これでどうだ!

続きを読む "クリスマス準備"

|

2013年12月 3日 (火)

応募

またまた、応募します。
エッセイです。
原稿用紙2枚分。
2点。
今日は、大安。
明日、投函しまーす!

続きを読む "応募"

|

2013年12月 2日 (月)

久々の読書

本はいつも借りられる状況にあるのに、

なかなか読む時間がなかった。

というのは言い訳で、読破できる本に出会わなかった、というのが本当。

タイトルを見て読まずにはおれなかった!という本。

読んでみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

『ユーミンの罪』

酒井順子

講談社現代新書

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう、あのユーミンのことです。

作者は、『負け犬の遠吠え』の酒井順子さん。

女性のおしゃれなライフスタイルを牽引してきた

ユーミンのデビューからバブルまでのアルバムを、

時代順に、歌詞とともに、考察していく

というものです。

わたしにとっては、

ああ、このアルバム クリスマスに買ったな。

とか、

ああ、このアルバムが出た時に、結婚したな。

バディ子を産んだな。プリ子を産んだな。

バブルとバブル崩壊の時に、

わたしの人生の大きなイベントが

すっぽりはまってしまうんです。

ユーミンの作る歌のようなおしゃれな生き方を、頭で知っていながら、

そんなおしゃれな生き方(大人になってもオバさんにならない女性)が現実的でなく、

人生のレールにのって、子供を産んで育ててきた。

作者は、中学生からユーミンの歌をきいてきた年代ですが、

最後にこういいます。

バブル崩壊とともに私は、三年間勤めた会社をやめ、

それと機を同じくして、ユーミンのアルバムを以前のように追わなくなりました。

光に包まれ泡に乗っていた時代が終わり、ユーミンの眩しさについていけなくなったのかもしれません。

と。

けれども、この本を読むと、

これは、作者の、ユーミン賛歌には、違いはない。

ということがわかります。

女性の生き方について、

いろんな示唆を与えてくれる本です。

続きを読む "久々の読書"

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »