« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月14日 (水)

◯十代になったらやりたいこと

ゴッホ展に行ってきました。

祝日だっただけに、

とても多い人。

かつて、日本の影響を受けた、

浮世絵との対比的な展示でした。

でも、一番印象に残っているのは、

ゴッホの絵でもなく、

浮世絵でもなく、

ゴッホの足跡をたどった、

日本人とゴッホの主治医の息子との交流を示す

手紙の数々でした。

一生懸命にかかれた、

筆跡すらも、芸術のようで。

しかも、

ゴッホに対する情熱が、

ひしひしと伝わってきました。

日本人の一行が、

婦人は着物を着て、

子供たちも一緒に、

フランスの北部を訪ねた写真なども

展示されていました。

手紙の数々は、

字が小さすぎて読めなかったんだけどね>_<

ところで、

一緒に行った、

かれこれ40年の付き合いの友人と、

いろんなお喋りをするのが、

いつも、メインなんだけど。

その時、

仕事辞めたら、

何をしたいかっていう話になり、

お互いにやりたいことを言い合ったんですが、

やりたいことがまだ定まっていない私たちは、

頭で考えてることを、

書いておこうね!

ということになりました。

だって、

いざとなったら、

何がやりたいんだっけ?

と、忘れそうだから。

友達は、

以前から本当にいろんな事に興味を持って、

いろんな事をかじっています。

わたしは、

まだ、行動に移せていません。

させてもらえるのら、

もう少し仕事をして、

やりたかった事が実現できるように、

準備しておこうと思います。



続きを読む "◯十代になったらやりたいこと"

|

2018年2月 4日 (日)

ハートの岩と赤い月と節分

珍しく連休が取れ、

スナフキンさんとバディ子夫婦と、

淡路島に行く事になりました。

花桟敷を見て、

美味しいものでも食べたい、

と思ったところ、

バディ子が

淡路島の南にある沼島に行きたい

と、言い出しました。

沼島?

国生み伝説のある島だそうです。

土生港というところから、

船で10分。




これは、

土生港に行くまでの、

海沿いの道から見た沼島。




まるで、光の上に浮いているように見えます。

神々しい。

ワクワクします。

空の上から見たら、

勾玉の形に見えるそうです。

島には、

伝説の上立神岩は、

鉾を突き刺した形。





自然の力は凄い。




ちゃんとハートの形が、

波によってか刻まれています。

ここに来られて良かった〜

帰りは、

福良という漁港町で、

お食事。

淡路牛、

お刺身、

焼き魚、

煮魚。

もう、大満足でした!

明石大橋を渡るときの神戸の街の夜景も素晴らしく、

おまけに、帰る道すがら、

真っ赤な大きなお月様が。

こんなに赤い月、

見た事ない〜〜!!

こんなに低い位置で見えるなんて。

家に帰るときには、

いつもの白いお月様が、

いつもの高さで

お迎えしてくれました。

なんだか、不思議な

パワーをもらえたような

日帰り旅行でした。

400キロの運転をしてくれたスナフキンさんは、

家に帰ってから、

豆まきをしていました。

本当に本当にお疲れ様でした!

続きを読む "ハートの岩と赤い月と節分"

|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »