« 梅雨の庭 | トップページ | 淡い色が微笑ましいバラ »

2018年7月13日 (金)

怒涛の7月前半でした



梅雨が明けて、すごい暑さです。

すごい雨でした。

大水害のニュースに、

自然災害の恐ろしさをかみしめています。

わたしは、

7月4日に毎年恒例の七夕コンサートに出かけ、

今年は〝ル・ベルベッツ〟という

人気ボーカルグループに盛り上がり、

雨模様の京都の街からご機嫌で帰ってきました。

5日の夜から、叩きつけるような雨、

その晩、お腹を壊したわたしは、

夜中から生汗をかきながら、

朝を迎えました。

早くも夏バテですかね。

翌日6日、大雨の日。

汗びっしょりのわたしは、シャワーする元気もなく、

ましてや、大雨で交通機関はストップ、

ヘロヘロのわたしは、仕事に行けない。

寝たり起きたりの1日を過ごし、

7日の七夕の日は、仕事に行ったものの、

どうにかこうにか切り抜け、

8日には、調子が戻ってきて、

9日に、やっとのこと休日。

そんなこんなで、いつの間にか梅雨明けしたけど、

今度は、半端ない暑さ。

肩が凝るのは、暑さというストレスのせいなのか。

雨続きの時は、

ろくにシーツを洗濯できなかったので、

真っ白なシーツを洗うのがとても快感です。

毎日家のご飯を食べ、

シャワーを浴び、

干したてのシーツで寝られる、

そんなことに喜びを感じます。











今日は、美容院に行きました。

暑さのせいで?車で行き過ぎてしまいました。

来週の甥っ子の結婚式のために、

お気に入りのイヤリングが見えるように、

髪をカットしてもらいました。

いつもは履かない黒いパンプスも、

ヒールの修理をしないと。

当たり前の生活に感謝して、

丁寧に毎日を過ごしたいものです。

|

« 梅雨の庭 | トップページ | 淡い色が微笑ましいバラ »

つぶやき」カテゴリの記事