つぶやき

2018年11月26日 (月)

家のこと

家が古くなってきて、

あちこちとメンテが必要。

この前は、

ヒビの入った塀を業者さんに頼んで、

最低限の補修をして、

そのつぎは、

テラスの波板を、

そのつぎは、

裏のラティスフェンスを、

スナフキンさんが、

休みの日を使って、

一人でやってくれました。

何かと忙しかったわたしは、

秋の紅葉も堪能したし。

というわけで、

今日は、窓を湯拭きしました。

やりだしたら、

網戸も、雨戸も、

ドロドロ。

今日はとりあえず、窓の湯拭きだけ。

断捨離の本を読んでいます。

お片づけは、永遠のテーマ。

ぼちぼちと、

できるところからやっていこうと思います。

鉢に植えていた菊が、

弱々しく咲いています。

でも、

切り花にしたら、

愛らしい。





続きを読む "家のこと"

|

2018年11月23日 (金)

紅葉の休日

お天気に恵まれた休日。

Cちゃんと、

日吉大社に紅葉狩りに行こうと約束。

まずは、お蕎麦を食べて、

と、思ったら、待ち人がいっぱい。

その間に、

お寺に行こうか、

と歩き始めたら、

比叡山の根本中堂にケーブルカーで行くのも良いね、

と、初めての坂本ケーブル。

10分強ですが、

2000メートル以上も上に登ります。

そこで、

まずはお腹がすいたと、

おそばを食べに。

ここでも、待ちました。

それから、

根本中堂に。

あれ?

工事中。

完成まで、あと8年かかるようです。

そして、

お茶は、延暦寺会館。

まっすぐ前に、

近江富士が見える席。




ゆっくりと積もる話を。





一ヶ月ぶりだからね。

そして、

山を降りて、

いよいよ日吉大社へ。








わたしは、

紅葉の日吉大社、

とてもオススメです。

続きを読む "紅葉の休日"

| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

夫婦の日

11月22日は

いい夫婦の日なんですか。

本日は11月3日。

文化の日ですが。

久々に夫婦でお出かけをしよう、

と、お互いにスケジュールを空けておいたのです。

本当は、テラスの修理をしないといけないのに、

波板がまだ届かなくて。

そして、

少し風邪気味のわたし。

あまり人混みも、しんどいのも避けたい。

ノープランで迎えた当日。

ゆっくりと朝食をとりながら、

どこ行こうかと、相談。

わたしは、ゆずの里といわれる、

京都の水尾というところに行きたかったけど、

どうも、遠いだけでなく、凄い辺鄙なところにある模様で、却下。

先日、テレビのニュースでみた、

法隆寺と一緒の瓦が出てきた栗東の遺跡は?

近すぎるし、何にもなさそう?

でも、わたしは、ナントカ跡というところが好き。

てな話から、

紫香楽宮跡は?

そこから、

水口の、枯山水で有名な大池寺、行ったことないねー。

その近くに広徳寺があるらしい。

行ってみようか!

「この前、オヤジはバス旅行で櫟野(らくや)寺に行ったらしい」

どこどこ?

日本一の十一面観音座像があるんやって!

何々、11月3日は開扉されるやん。

いいねいいね。

その近くには油日神社がある。

行ってみたい。

そこでプランが決定した。

紫香楽宮跡

広徳寺

大池寺

櫟野(らくや)寺

油日神社

11時に家を出て、

17時半に帰ってくるまで、

約120キロの行程でした。

秋晴れの1日。

車もスイスイで、道に迷うこともなく、

プラン通り5箇所制覇。

紅葉もほのかに色づいて、

気持ちの良い夫婦の日となりました♪

続きを読む "夫婦の日"

|

2018年10月24日 (水)

森林公園

第六回目の食事指導です。

今回は、バディ子と甲東園付近を散歩しよう、

ということで、

関学でランチして、

森林公園散歩をしました。

ボーリス建築の大学は、

閑静で上品なたたずまい。

落ち着いた学内のレストランで、

まずランチ。









それから、

森林公園を歩きました。

かなりのハイキングです。

展望台からは、

バディ子の住まいも見えます。





バディ子と歩きながら、

たわいもない会話を楽しみ、

足が棒のようになるまで歩きました。

買い物をして、プリ子のところで、

コーヒー休憩。

暮れなずんできた頃に、バディ子が帰っていき、

お鍋の準備をしながら、

プリ子の帰りを待ちます。

遅い帰りを待つ間に、

スーパーの袋の整理。

大、中、小に分けて、

それぞれ紙袋に入れて、

ゴミを資源に。

コンビニの袋が多いなー、

と、普段の生活が偲ばれます。




続きを読む "森林公園"

|

2018年10月20日 (土)

脳トレ

近所のスーパーで、

ばったり、昔の職場で一緒だった人に会いました。

以前ばったりお会いしたのは、

春でして。

ゴールデンウィークが過ぎたら会おうねって。

それから半年。

時の経つのは早い。

で、

とんとん拍子に会う日が決まり、

しかも5日後。

その頃一緒にお弁当食べていたお仲間に連絡。

すると運よくオーケー。

4年ぶりね、

2年ぶりね、

などと言いながら、

イタリアンのランチに花が咲いた午後でした。

その時、

いろんな人の話が出るのに、

名前が出てこない。

えーっと、

えーっと。

みんな、顔は出てるのに、

呼び名は出るのに、

苗字も名前も出てこない人が、

片手で収まりきらず。

10年前から4年前の間のことなのに。

で、

食事が終わってお店を出て、

車でどこかに移動しようってなったけど、

お腹いっぱいだから、

しばらくここで喋ろうと、

ペチャクチャおしゃべり。

その何時間かの間に、

出てきましたよ。

あの人の名前も、この人の名前も。

片手に収まらなかった人が、

全部。

これって、すごい脳トレやね〜

と、満足して帰った女子会でした。

続きを読む "脳トレ"

|

2018年10月16日 (火)

音声ガイド

美術館に行って、

作品を観る時、

音声ガイドをつけたことがなかったけれど。

これ、

ホントにいいですね!

高橋一生さんの声が、

イヤホンから流れてきたんですよ。

もちろん、

高橋一生の音声ガイドというので、

初めて使ってみたんですが。

大阪市立美術館の

『ルーブル展』に行ってきました。





続きを読む "音声ガイド"

|

2018年10月 6日 (土)

マイバッグ

買っても買っても、

いつもカバンを探している。

そんなわたしが、

シンプルライフを提唱している

ドミニクローホーさんの、

『マイバッグ』

3つのバッグで軽く美しく生きる

という本に出会いました。

本の帯には、こう書かれています。

……………

理想のバッグを探す人は

自分の幸せのスタイルが見つかる人

……………

なんだか、嬉しい。

だって、

わたしはいつもバッグを探しているから。

この本を読むと、

頭の中のモヤモヤが、

すっきりと解決する気になります。

そして、

わたしのベストな

トートバッグ

ミッディバッグ

ポシェット

探しは、

まだまだ続くのです。






続きを読む "マイバッグ"

|

2018年9月25日 (火)

お彼岸の

お彼岸に、

89歳になる義父母と、

その子供夫婦、

孫夫婦、

総勢8名で集まっての一泊旅行。

琵琶湖の北の方まで行きました。

お彼岸のお約束のように、

あちこちで真っ赤に燃える曼珠沙華。

本当に、どこにもかしこにも。

ちゃんとお約束を守って、

あの世からこの世へ、

ちゃんとやってるか?って

言われているよう。

あるいは、

今年も来たよ!って

手を振ってくれてるよう。

彼岸花には、

独特の味わいがあります。


続きを読む "お彼岸の"

|

2018年9月 9日 (日)

和菓子の力



たまに、帰りに仕事仲間とクールダウンして帰ります。

それは、映画だったり。

(カメラを止めるな)

それは、ハンバーガーショップのコーヒーだったり。

それは、力餅ソフトクリームだったり。

そして、近くで見つけた茶菓カフェ。

1年くらい前に出来たばかりのお店のようで。

自家製の高島産小豆と、

比良のお水を使った、

和菓子職人の和菓子屋さんで、

もちろん味もよく、

美しい生菓子。

職人である店主も、

古民家材を使ったお店の内装も、

運んでくれる女性も感じよくて。

仕事帰りに、

ちょっと寄るところとしては、

いいんではないか、と、仕事仲間を誘ったら、

みんな、行きたいって。

で、5人でワイワイと行きました。

あれ、

アイスクリームやめたんじゃなかったの?

と、自問自答しながら、

まだ暑かったら、

今度は氷食ーべよ!

と思う次第です。



続きを読む "和菓子の力"

|

2018年8月29日 (水)

ちびまるこちゃん



さくらももこさんが他界されました。

まだ若いので、

ビックリしました。

でも、日本人で、

知らない人はいないのでは?

その昔、

バディ子が3歳くらいの頃でした。

おじいちゃんに連れて行ってもらった遊園地。

たまたま「ちびまるこちゃんショー」がありました。

ステージには、

被り物をしたちびまるこちゃんと、

お母さんと、

お姉ちゃんと、

おじいちゃんだったかな。

いつもテレビで見ていたバディ子が、

どんな風だったか!

バディ子は、驚きの時、

興奮するタイプではないんですが、

それにしても、冷静。

すごーく喜ぶはずだと思っていたのに、

まんじりともせず、

ただただボーゼンとつったって、

ボソッとつぶやいた言葉が。

「へぇ〜

。。。。。

ちびまるこちゃんって、

ここに住んでたのか〜

。。。。。」

ひとり頷いて、納得していました。

今はもう無き奈良のドリームランド。

今はもう無きおじいちゃん。

可愛いつぶやきでした。

そして、プリ子が生まれて、

プリ子が小学校ではまった本は、

さくらももこのエッセイでした。

プリ子が学校で借りてきた本を、

はじめてわたしも読んでみて、

エッセイの魅力に、

わたしもハマったものでした。







続きを読む "ちびまるこちゃん"

|

より以前の記事一覧