つぶやき

2017年3月28日 (火)

引っ越しの季節

とうとう、

プリ子の引っ越しが終わりました。

なんだかんだと、こまごまとしたもの、

かさばるものを買い込んで、

新居に運んで、

帰ってきました。

高速で一時間強。

まだ、近い方なのかな?

これ、遠いところだったら、

大変なんだなー。

やれやれ、

これから、

我が家の大片付けを

始めよう。

続きを読む "引っ越しの季節"

|

2017年3月23日 (木)

あっという間に










今年の20日のお彼岸は、

三世代揃って、お墓まいりが出来ました。

というのも、

かねてから、お祝い会をしようという計画があったからです。

19日に、お祝い会をし、

やれ、米寿。

やれ、還暦。

やれ、異動。

やれ、就職。

やれ、学位授与。

やれ、入学。

やれ、転勤。

やれ、出版。

やれ。

やれ。

姪っ子ちゃんだけが、

仕事の都合で揃わなかったけど、

総勢9名。

みんな健康でありがたい。






続きを読む "あっという間に"

|

2017年3月14日 (火)

心機一転

職場が

4月から

変わることになりました。

職種は一緒ですが、

よくよく考えて決めました。



今日はホワイトデー。




二種類のケーキをスナフキンさんと半分こづつ。


娘婿からは、

こんなに可愛いクッキーをもらいました。






4月から

心機一転

頑張るぞ〜〜





続きを読む "心機一転"

|

2017年3月 7日 (火)

今日のべっぴんさん

「思いだけは、

形を変えて

引き継がれていくのではないか」

ということで、

一人っ子同士の結婚は、

婿養子ではなく、

嫁入り

ということになりました。

つまり、ケンタロウ君の苗字になったのです。

ただ、

住まいはさくらの実家で、

ということになりました。

続きを読む "今日のべっぴんさん"

|

2017年3月 6日 (月)

今日のべっぴんさん

今日は、

さくらとケンタロウ君の結婚話です。

どちらも一人っ子、

どちらの姓になるか。

ケンタロウは婿養子になってもいいという。

さくらは、親に婿養子でなければ、この話は撤回と言われる。

「結婚は、家と家の結びつきというが、

何を繋げて、何を継ぐのか」

続きを読む "今日のべっぴんさん"

|

2017年3月 5日 (日)

白いカーテン




アトリエという名の家事室に、

ずっと憧れていた

リネンの白いカーテンをつけました。

太陽の明かりがぼんやりと柔らかく感じられるくらいの

透け感が気に入ってます。

ここで、

読書をしたり、

手芸をしたりする予定。


続きを読む "白いカーテン"

|

2017年3月 3日 (金)

今日のべっぴんさん

テレビをみていると、

時々、

ハッとする言葉に出会います。

今日の『べっぴんさん』で、

こんな言葉がありました。

「どう働くかは、

どう生きるかにつながります。」

今のわたしに、

ぴったりときました。

続きを読む "今日のべっぴんさん"

|

2017年2月19日 (日)

家族揃って

久しぶりに、

家族が揃った。

プリ子の修了制作展で。

産みの苦しみ

というけれど、

ものを創り出す苦しさも、相当らしい。

また、新しい環境に向けての、

いろんな緊張からか、

わたしとプリ子の間にも、

何やら不穏な空気が流れた1幕もありました。

。。。

最近、

家とか家族をテーマにした本を何冊か読んだ。

有吉佐和子の『紀ノ川』の中では、

「お母さん、家ていうのは何やろね。」

因習やしきたりに抗う娘が、

里帰りをして、九度山の民間信仰のもと出産した時に

言った言葉です。

。。。

同じ家で暮らしてきた家族も、

巣立つ時が来ます。

同じ家に住んでいなくても、

かけがえのない家族を、

応援したり、

心配したり、されたり。

嬉しかったり、

寂しかったり。

いろんな気持ちを持ってしまうのも、

家族ゆえのことでしょうか。
















続きを読む "家族揃って"

|

2017年2月 6日 (月)

春の買い物

立春は過ぎても、

まだまだ寒いです。

何か買いたくても、

もひとつぴんときません。

でも、

口紅を買いました。

いつもの色より

少し濃いものに。

なんか嬉しいな!

続きを読む "春の買い物"

|

2017年2月 3日 (金)

紅茶飲みましょうか

TBSドラマ

カルテット

初めに見たとき、いい加減に観ていて、

2回目みたとき、

ちょっと面白いかも、

と思い、

3回目みた後、

もう一度1回目を見直してみた。

そうすると、

理屈っぽいなぁ、

と思った

レモンかけますか?

のくだりが、よくわかり、

何より、

紅茶飲みますか?

の、温かみが、

とても気に入りました。

観ていない人にはわからないですね。

つまり、

人の気持ちがわかる、わからない

という単純な事ではなく、

気持ちは一つなのに、

それが、あっちこっちで、

交錯して、複雑になっている。

そこが面白いんですね。

でも一つの気持ちっていうのは、

自分より人の方がわかる事もある。

自分の本当の気持ちと、

こうあらねばならない、という気持ち、

こうありたい、という気持ち、

どれを取るのか、

という事なのでしょうか。

続きを読む "紅茶飲みましょうか"

|

より以前の記事一覧