2017年10月 9日 (月)

原田マハ 『楽園のカンヴァス』

今、夢中なのは、

原田マハさんの美術分野の本。

『モネのあしあと』も、

『ジヴェルニーの食卓』も良かったけれど、

今年読んだ本の中で、

一番感動した本です。

どんな本でも、

とっかかりにはきっかけというのがあります。

今回の場合、

岡山の大原美術館でした。

倉敷の美しい街並みにある、

小さな美術館ですが、

エルグレコの『受胎告知』を始め、

一つ一つのコレクションがどれも印象的でした。

何年か前に、

青春18切符で、日帰りで行ってきた美術館でした。

このお話の主人公 早川織絵は、

大原美術館で監視員をしています。

異国の血が入った高校生の娘と、

年老いた母親との3人暮らし。

かつてパリのソルボンヌ大学で、

アンリ・ルソーの研究をしていた事は隠していたけれど、

ニューヨークの近代美術館のチーフキュレーターから、

オリエを窓口にするなら、

アンリ・ルソーの『夢』の貸出の交渉をする、

といってきた。

かのピカソが守りたかったアンリ・ルソーとは、

どういう画家なのか。

『夢』とは、どういう絵なのか。

美術館をめぐる、

キュレーター、

研究者、

評論家、

コレクター、

監視員(セキュリティスタッフ)。

画家を知るには?

その作品を見るには?


続きを読む "原田マハ 『楽園のカンヴァス』"

|

2017年9月29日 (金)

垣谷美雨 「老後の資金がありません」

わたしと同じくらいの歳の方から

紹介してもらった本です。

ずっと目にしなかったけど、

やっと書棚に戻っているのを見つけて、

読んでみました。

これは、わたしの中での、

久々のヒット!

一気に読めました。

定年間近の夫に、

結婚を控えた娘、

就活の息子、

そして主人公のパート職員の篤子。

そんな家族と、

それを取り巻く舅姑、

主人の姉嫁、義兄、

お稽古事の友人たち。

身近な題材を最新のトレンドを取り入れて、

コミカルに話が進んでいく。

最後に出てくるおばあちゃんが、

お茶目で、元気が出る。


続きを読む "垣谷美雨 「老後の資金がありません」"

|

2017年9月23日 (土)

平家巡礼

「平家巡礼」

上原まり

筆者は、筑前琵琶奏者で、

その前は、宝塚歌劇団スターの経歴があります。

彼女が、

平家ゆかりの地をめぐる、

紀行文です。

この夏、

自分にご褒美旅行で行った須磨。

目的は穴子寿司だったのですが、

その近くに須磨寺があって、

行ってみて、興味が出たのです。

そこは平敦盛の最期の地。

ちょっと、平家物語でも読もうかと思っていたところ、

たまたま見つけたのが、

この本でした。

中をペラペラめくってみると、

わたしの生活圏内に、

ゆかりの地がいくつもあり、

余計に興味がわいたのです。

続きを読む "平家巡礼"

|

2017年8月18日 (金)

本の話

いつも、

いろんな本との出会いがあります。

最近読んだ本、あるいは、読んでいる本は、

『ハムレット』シェイクスピア

『あしながおじさん』ウェブスター

『モネのあしあと』原田マハ

『ジヴェルニーの食卓』原田マハ

『カフーを待ちわびて』原田マハ

『本日はお日柄もよろしく』原田マハ

『万次郎茶屋』中島たいこ

『そろそろくるかも』中島たいこ

『結婚小説』中島たいこ

『建てて、いい?』中島たいこ

『精霊の守り人』上橋菜穂子

『いのちの理由』さだまさし

『ゆるい生活』群ようこ

『週末森で』益田ミリ

『すーちゃん』益田ミリ

『どうしても嫌いな人』益田ミリ

『キュンとしていいですか』益田ミリ

『すーちゃんの恋』益田ミリ

『堕落論』坂口安吾

『恋愛中毒』山本文緒

『はなうた日和』山本幸久

などなど

続きを読む "本の話"

|

2015年8月26日 (水)

本を選ぶ

最近は、

ずっと本を探しています。

毎月、研修があり、

ヤングアダルト(YA)に向けた本を。

また、当番で回ってくる

読み聞かせ用の絵本を。

そして、

季節ごとには、

書評のための本を。

これは、テーマがあります。

今日は、YAの発表の日。

ずっとさがしてきたのに、

結局、選んだのは、

好きな絵本でした。

終わって、面白かったっていってもらえたら嬉しいし、

この前紹介した本を読みました、といわれたら、

もっと嬉しいのです。

ところで、

研修の日は、

わたし以外の11人から

本を紹介してもらえる日でもあります。

どれもこれも、やはりその人らしい本のチョイスがあり、

自分で選ぶのは、最後の最後まで悩みますが、

人のを聞くのは、ただただ楽しいのです。

その中から、今月の一冊を選んで読んだら、

もう、4月から5冊になるはずなのに。

なのに、

研修が終わったら、

ただただホッとして開放感を味わうだけ。。

4月から、ずっとこの繰り返し。

今月からでも遅くない。

今日の一冊を選ぼう。




続きを読む "本を選ぶ"

|

2015年2月14日 (土)

オリーブの罠

本です。

『負け犬の遠吠え』は

読んだことないけど、

この言葉、流行したよね。

で、

『ユーミンの罪』は、

タイトルに惹かれて、読みました。

その時が、

酒井順子という著者との

初めての出会いでした。

ユーミンの歌は好きだし、

ユーミンの歌は憧れの世界だった。

でも、

酒井さんの本を読んだら、

ユーミンの夢の世界が、

遠く彼方へと飛んでいった気がした。

いい意味でも悪い意味でも。

その理由は、

ユーミンの歌に出てくる女の子は、

いつも、何かに所属している、

つまりは、何かに依存する幸せな女の子なんです。

そして、

そんなユーミンの歌が罪だった、

と、オマージュを込めて、書いておられる

酒井さんに少し興味があったので、

講談社現代新書から出ている

『オリーブの罠』なる新刊の本を手に取り、

読んでみました。

一気に読めました。

そもそも、『オリーブ』とは、

雑誌のタイトルなんですね。

昔から、あるのは知っていたけど、

一度も手にとったことも、読んだこともなかったけど、

こういう本、わたしは好きだったんだろうな、

と思うわけです。

つまり、

赤文字系と言われる『JJ』や『Can Cam』などが、

男の子から好かれるファッションを意識したモテ系の雑誌なのに対して、

『Oleve』は、自分が着て楽しい、ファッションを楽しむための、純粋なファッション雑誌だったというのです。

しかし、オリーブのファッションは、オシャレに力を注ぐほど、男の子が引いてしまう、非モテ系の雑誌だったというのです。

さて、

結婚という目的を果たすために、赤文字系の雑誌を読んで、

結婚した人たち。

対して、男の子の目を意識することなく、

自由にオシャレを楽しんだ『Oleve』の読者、

つまり著者は、

成れの果て、

クリエイティブ系などの仕事で身を立てている。

追求するものがあるために、

結婚しない

とか、

その結果、子供を持たない

という事になった罠。

けれども、

オリーブ少女がはまった罠には、

自立する

自由である

という産物が、あった

ということなのでしょう。










続きを読む "オリーブの罠"

|

2014年12月19日 (金)

舞姫

津和野に行って、

森鴎外が気になっています。

『鴎外』という津和野のお菓子もあります。







小ぶりで抹茶のあんが甘すぎず、上品なお味。

美味しかった〜


でも、

まずは、

『舞姫』を読まなくちゃ。ね。

と言うわけで、

本を探していたところ、

こんな可愛いカバーの本を見つけて、

ついでに

夏目漱石の『こころ』

梶井基次郎の『檸檬』

も購入。

角川文庫から出ています。

三点セットみたいで、

なんか、持ってるだけで、嬉しい!

どれも、わたしのお気に入りの本です。




角川文庫は、

活字が、読みやすくて、

好きです。

続きを読む "舞姫"

|

2014年4月20日 (日)

久々の本

休日に読むには、ぴったりの本です。

『京都 カフェと洋館アパートメントの銀色物語』

川口葉子著

この本は、

京都のカフェを紹介しながら、

どうやって、著者が京都の洋館アパートメントを

借りるに至るのか。

そんなストーリーを織り交ぜながら、

点として紹介されているカフェが、

どこか線で繋がっていくような、

つまり、

カフェをモチーフにした物語なんですが。

しかも、写真もふんだんに入り、

しかも、もちろん、お店情報も。

しかも、もちろん、MAPあり。

でも、ガイドブックではなく、

物語となっていく。

いつのまにか不思議な街に

入り込んで行ったかのような。





続きを読む "久々の本"

|

2014年1月30日 (木)

白菜のクリーム煮

白菜の季節です。

お鍋ばかりでは、つまらない。

クリームシチューにしようと思ったけれど。

今、読んでいる本から、

倹約レシピということで、

豆乳と、白味噌、ベーコンで味つけしました。

低カロリーでヘルシーかな。

ところで、

読んでいる本は、

山田洋次監督の映画にもなった

中島京子さんの

『小さいおうち』

昔の良き時代をなぞらえる感じが、懐かしい感じがします。

昭和10年代、

戦時下の厳しい時代でも、

のどかな空気感がいいです。

まだ、最後まで読んでいないけど、

ほっこりします。

続きを読む "白菜のクリーム煮"

|

2013年12月 2日 (月)

久々の読書

本はいつも借りられる状況にあるのに、

なかなか読む時間がなかった。

というのは言い訳で、読破できる本に出会わなかった、というのが本当。

タイトルを見て読まずにはおれなかった!という本。

読んでみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

『ユーミンの罪』

酒井順子

講談社現代新書

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう、あのユーミンのことです。

作者は、『負け犬の遠吠え』の酒井順子さん。

女性のおしゃれなライフスタイルを牽引してきた

ユーミンのデビューからバブルまでのアルバムを、

時代順に、歌詞とともに、考察していく

というものです。

わたしにとっては、

ああ、このアルバム クリスマスに買ったな。

とか、

ああ、このアルバムが出た時に、結婚したな。

バディ子を産んだな。プリ子を産んだな。

バブルとバブル崩壊の時に、

わたしの人生の大きなイベントが

すっぽりはまってしまうんです。

ユーミンの作る歌のようなおしゃれな生き方を、頭で知っていながら、

そんなおしゃれな生き方(大人になってもオバさんにならない女性)が現実的でなく、

人生のレールにのって、子供を産んで育ててきた。

作者は、中学生からユーミンの歌をきいてきた年代ですが、

最後にこういいます。

バブル崩壊とともに私は、三年間勤めた会社をやめ、

それと機を同じくして、ユーミンのアルバムを以前のように追わなくなりました。

光に包まれ泡に乗っていた時代が終わり、ユーミンの眩しさについていけなくなったのかもしれません。

と。

けれども、この本を読むと、

これは、作者の、ユーミン賛歌には、違いはない。

ということがわかります。

女性の生き方について、

いろんな示唆を与えてくれる本です。

続きを読む "久々の読書"

|